信用情報機関とは?

「信用情報機関」とは、銀行や貸金業者、信販会社等の各業界団体が設置している機関で、氏名・生年月日等の個人を特定する情報、借入日・借入金額等の取引に関する情報、そして破産・延滞等の事故情報等が収集・登録されており、各社がお金を貸し付ける際に参考資料として利用しているものです。

 

「信用情報機関」には大きく分けて3機関+1機関が存在している。

(a) 全国銀行個人情報センター

銀行系の信用情報機関で全国銀行協会が設置・運営している。


(b) 全国信用情報センター連合会

消費者金融系の情報センターが多数加盟して連合会として組織している。


(c) 潟Vー・アイ・シー

信販会社系の信機関であり、販会社等を設立母体としている。


(d) 潟Vーシービー

銀行系、消費者金融系、信販系といった業界を問わない機関。どの業界でも加盟が可能。

 

これらの機関に事故情報が登録されることを俗に「ブラックリストに載る」と表現されています。