住宅ローンの借り換えの際に必要な登記手続き

マイホームを購入し住宅ローンを組まれた方は、しばらく経ってから金利が安くなったり、ローンを見直す際に、住宅ローンの借り換えをされる方がいらっしゃると思います。その際にも登記手続きが必要となります。

 

マイホームを購入されて住宅ローンを組まれた際に、その自宅である土地・建物に住宅ローンの担保権(抵当権・根抵当権)が付けられます。住宅ローンの借り換えの際に必要な登記手続きとは、新たに銀行などから融資を受けて自宅に新たな担保権を付ける登記をし、その融資されたお金を使って、付いている既存の担保権を消す登記が必要となります。

 

借り換えは登記が融資条件となっていることが大半です。金融機関の指定の司法書士がいない場合には当事務所にご連絡ください。

必要な書類は、金融機関との金銭消費貸借契約で要求される書類とご自宅の登記済み権利証(現在では登記識別情報通知と言います。)が必要となります。

 

ご不明な点等、親切にお話しいたします。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ/お見積り(無料)

お電話でのお問い合わせは042−810−1503です。

お電話受付時間 : 9:00〜20:00まで。

 土日祝日、時間外のお問い合わせも受け付けております。

 ご希望のお客様はお問い合わせフォームよりあらかじめ

 ご連絡ください!

  ※ 司法書士本職が直接対応させていただきます。

【お問い合わせフォーム】からのお問い合わせも是非ご利用下さい!!

24時間受け付けております

お問い合わせフォーム